衰えていないは過信か?

 

「聴いてるつもり症候群」で周りをイライラさせてない?15項目でチェック | イライラ・モヤモヤ職場の改善法 榎本博明 | ダイヤモンド・オンライン

 

 老眼になって10年くらいになるだろうか。最近、聴力も劣れてきたかもしれない。じわじわと体がポンコツになるのがわかる。ややもすると他人を苛つかせているのかもしれない。理解力はまだ衰えていないは、過信なのか?

 

 ここでいう「聴く力」は聴力とは違うだろう。聞いている。聞こえている。聞いて理解している。自分のことしか考えられない人は他人の話を聞いていないことが多い。自分の思う方向へ話を持って行こうと思うなら尚更そうなるだろう。

 

 勘違いや早とちりが起きる。そういう人にイライラする。相手が自分に興味を持っていないことがあからさまだからだ。相手に自覚がないのだ。相手を変えよう、変えてやろうなどと思うからストレスが溜まる。

 

 話す側の問題もあるだろう。話すのが得意な方は多い。が、話を聞くのが上手い人は滅多にいない。話す側からすると、大切に扱われていると感じられる。これは大きなアドバンテージになり得る。

 

 記事の中に、「聴いてるつもり症候群」チェックリストがあったので紹介しておこう。先ほどの僕の意見を納得して頂けるだろうか?教えられてできることではない。できれば大きな武器なる。話すのも聞くのも技術だと思う。

 

 

 自分自身の場合

  1.ちゃんと聴いてるつもりなのに、勘違いしていることが多い
  2.相手が話すよりも、自分が話していることの方が多い
  3.自分ばかりしゃべって、相手の言葉が印象に残っていないことが多い
  4.ちゃんと聴いてるのに、上司から「ちゃんと聞け!」と叱られる
  5.ちゃんと聴いてるのに、友達や恋人から「興味ない?」と聞かれる
  6.ついしゃべりすぎてしまう
  7.早とちりすることがよくある
  8.人から打ち明け話をされることはあまりない
  9.人から相談されることはあまりない
  10.周囲の人の事情についてはあまり知らない
  11.人の話を聴くより、人にしゃべってスッキリすることの方が多い
  12.そのときはわかっていたはずなのに、言われたことを思い出せないことがある
  13.人が話しているとき、ついほかのことを考えて上の空になってしまう
  14.メールを見て、こんな話になっていたんだっけと慌てることがある
  15.相手の話を黙ってじっと聴いているというのは苦手だ

 

 自分以外の場合

  1.こちらの話を最後まで聴かずにしゃべりだす
  2.「わかりました」と答えても行動が変わらない
  3.気のない返事が多い
  4.何度注意しても似たようなミスを繰り返す
  5.注意しても染み込まず、ケロッとしている
  6.指示を取り違えてミスばかりする
  7.思い込みが激しく、こっちの真意が伝わりにくい
  8.確かに伝えたのに聞いてないという
  9.こちらの言うことに対して質問も確認もない
  10.直接言ったことしかやらず、想像力を働かせて動くということがない
  11.こちらが話しているとき、上の空の表情をしている
  12.こちらが話しているとき、視線が合わない
  13.こちらの言葉を遮るようにして言いたいことを言う
  14.しゅっちゅう人の話の腰を折る
  15.注意や叱責をすると、ふて腐れたような様子になる

 

不足だと言われながらなぜ余るのか?

イスラエル・テルアビブで新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける高齢者(イスラエル・テルアビブ)

 

新型コロナワクチン「不足のはずが余る」意外な理由、イスラエルの例 | DOL特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

 

 世界が切望するワクチンの話。治療薬はまだ明確に決めてはない。ワクチンも変異種への効果が未だはっきりしていない。確保できる数も交渉上の確保でいつ入手できるのかまでは明確でない。

 

 徳永勇樹さん(イスラエル国ヘブライ大学大学院・総合商社休職中社員)がレポート寄せている。イスラエルは既に国民の2割以上が新型コロナウイルスワクチンの1回目の接種を終えているという。

 

 世界の中では「最速レベル」のペースでワクチン接種が進んでいる。そんな「ワクチン優等生」であるイスラエルだが、ワクチン自体は不足しており、接種には高齢者優先などの「順位」が決まっているらしい。

 

 しかし、「余る」ことがあり、優先順位が低いはずの健康な若者でも接種できるケースがある。注意して読むべきなのは、イスラエルの人口929万人だということだ。ちなみに日本の人口は1億2千万人である。

 

 不足だと言われながらなぜ余るのか?

 

 著者によると、予約者のうち、何人かは当日に無断キャンセルするからだ(その数は5%といわれている)。残ったワクチンは翌日使うべきだが、「管理上の理由で、その日のうちに廃棄してしまう」のだ。

 

 ワクチンの接種終了時刻の間際に、地元の人々がワクチン接種所にやってくるという。高齢者でもないし国民でもない筆者は、ワクチンの割り当てが来るのを待つか、自分の国に帰って接種するしかない。接種は半ば諦めていたという。

 

 エルサレムのハダッサ医療センターへ出向いてみる。キャンセル分の接種当日の夕方に接種所から非公式の募集があり、優先接種対象者以外もワクチン接種が可能ということなのだったようだ。

 

 隣に並んでいた若者に「あなたはどこの保険会社なの?」と聞かれた。保険会社を通じて申し込みをする以上、当たり前だが、その該当する保険会社に入っていないと接種できないことが分かり接種できなかったという。

 

 著者はこの体験について、次のようにに述べている。

 「このコロナ禍は一種の戦争である」と改めて実感した。皆が日々手探りで生きているのだ。イスラエルにいる間にワクチンが外国人にまで行き渡るかどうかはわからないが、唯一の願いは、「一刻も早くコロナが収束し、またこれまでの生活に戻る」ということだけだ。

 

コロナ倒産の特徴は?

高層ビル

 

最新調査で判明した「コロナ倒産の実態」とは、帝国データバンクが解説 | 倒産のニューノーマル | ダイヤモンド・オンライン

 

 今日は倒産に関する記事を選んでみた。コロナに限らず、周期的に好景気と不景気がやってくる。倒産件数や企業規模、業種などの記録から、世の中の状況を把握し1日もはやい経済の回復を図る施策を模索する。

 

 そんな中でコロナ禍で特徴的に観られる倒産傾向とは何なのか?

 

数が前年比6.5%減の7809件、負債総額が前年比16.4%減の1兆1810億5600万円となり、件数、負債総額ともに2001年以降の20年間で最少(最小)となった。

 

図版:全国企業倒産件数・負債総額の推移

 

 これは意外な結果だ。歴史的には倒産が増えたのは、2001年はバブル崩壊であり、2008年はリーマンショックだ。それ以降は倒産件数、負債増額とも減少傾向にあった。コロナ禍で経済活動が停滞しているはずだからだ。

 

 コロナ禍で多くの事業者が売り上げ減少し極めて厳しい状況にもかかわらず倒産件数が減少した最大要因は、政府主導の各種支援策の執行だという。内容は、緊急融資から補助金助成金、給付金、税金や社会保険料の支払猶予、不渡猶予などまで幅広い。

 

 一方で、リーマンショックの時にもあったことだが、当時のいわゆる亀井法案(中小企業金融円滑化法)により本来倒産する予定の企業がゾンビ化している経緯がある。今回のロナ禍は通り過ぎた後、飲食店の売り上げは戻ると想定されている。

 

 飲食業は、日銭商売で資金効率がいいと言われ、共働き世帯の増加などで外食の機会も増え手硬い業種ではなかったのか。しかし、高齢化の波、人口減少の波には逆らいきれないだろう。

 

 倒産というプロセスは、非効率な企業の経営資源を効率的な企業へ再配分する過程と考えられるため、悪い側面だけでもない。いつも統計数字を鵜呑みにしていけない。実しやかな理由付けも自分の頭で考えることが重要だ。

  図版:飲食店倒産件数の推移

 

そうは思わないかい?

 

民主主義を滅ぼす「意識どん底系」人間とは? | だから、この本。 | ダイヤモンド・オンライン

 

 内容がちょっと気になって、読んでみた。ウーマンラッシュアワー村本大輔氏へのインタビュー記事ですね。芸人でありなが政治問題、社会問題を偉そうに議論するななどいろいろ叩かれてきた村本氏だった。

 

 著書『おれは無関心なあなたを傷つけたい』は売れているようだ。村本氏の指摘する「他人の目」は、人間ひいては日本人に特有の気にする対象である。日本の社会での生き方を家庭で指南されてきた。

 

 人からお金を借りるのは恥ずかしいこと。借りたお金は命をもってしても返しなさい。理不尽なことが起きても冷静にじっと耐える所作が美しいとされてきた。親、先人、上司は正しい、それに意見を言う風土を持てなかった。

 

 しかし、村本氏は「人の目を気にして「怒ることはクールじゃない」って冷笑するのは、すごくダッサい価値観だと思うんですよ。」という。クールとかダサいが的を得てるかはどうかと思うがなかなかいいことを言ってる。

 

 例えば、借金は経済行為であって、何も恥じることではない。借金が返済できないことも恥じることもないし、命を持って返済するものでもない。貸し手からみると踏み倒される確率を計算に入れている。借金踏み倒しは節税なのである。

 

 また、村本氏は「お前の心が不感症な環境で生まれ育っただけじゃねえのかって思っちゃうんですよね。単に、お前が「意識どん底系」人間なだけやろと思うんです」。表現の仕方だろうと思う。

 

 言い換えれば、格差の社会で生きる時、不感症になるための教育環境が準備されていて、意識どん底感を植え付けるのは、格差是正という新しい思考や行動を抑えつけるための施策だと思う。

 

 そうは思わないかい?

送信したファイルを消せる?

f:id:s_otani:20210122195026j:plain

 

知っていそうで知らない!メールに添付した「ファイルの所有権」は、誰のもの? | Google 式10Xリモート仕事術 | ダイヤモンド・オンライン

 

 退職した社員に送信したファイル、もうこちらで削除するなんて、不可能ですよね?

 

 いつも出発点は質問。疑問点に興味があれば、ブログを読んでもらえる。今回もコロナ禍からの~リモートワークの話。リモート強者とリモート弱者はいるだろうね。年齢から言うと弱者かと思われてしまいそう。

 

 記事では、Googleは「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」と言って急成長らしい。要はGoogleアプリの裏技本の紹介記事だからと言って、スルーのももったいない。でないと記事は読んでもらえない。

 

 今回の疑問の答えは、GoogleDriveを使えということ。Google 上でのファイルの「共有」は、閲覧の権限を必要な相手に付与する形。ファイルの所有者も共有された相手も、メールの「行ったり来たり」、クラウドと端末の「行ったり来たり」をなくせる。

 

 ファイルの所有者が共有設定を解除すれば、今さっきまで閲覧できていたファイルでも、共有相手は次の瞬間から見られなくなる。確かに、送るときにはお互いに蜜月でも別れ話が出始めたら、「しまった」送らなかったらよかったとなってしまう。

 

 そのような「しまった」をなくすためにもGoogleDriveでファイルを管理しょうというのだ。これで、リモート強者になれるかなれないかは貴方次第です。

 

言い訳を考えた?

f:id:s_otani:20210121203119j:plain

 

税務署が厳しくマークする「名義保険」とは? | ぶっちゃけ相続 | ダイヤモンド・オンライン

 

 人の親ともなれば、子供に幾ばくかの資産を残してやりたいと思うだろう。日本では5代相続を繰り返すとゼロになると言われる。その説明にはいろんな説がある。世の中は複利で動いているからだと思っている。

 

 政府は老人にどうお金を使わせるかに腐心している。そもそも戦後の貧しい暮らしを経験した世代が散財するわけがない。子供が家を建てる時には頭金が贈与にならないよう法改正された。ずいぶん前の話だ。

 

 近年は孫の教育費などは贈与税の対象にはならないなどの政策が実施されている。貯め込んだお金を循環させるためだ。経済成長しなくても学費は上がっていく一方なのだ。一般家庭で親だけでは子供に大学へ進学させるのは大変だ。

 

 それでも高い税金を誤魔化したいと思いあの手この手を考える。昔は無記名の債権などが売られていた。無記名だから誰のものかはっきりしないから見逃されてきた。今や10万円の資金移動にも本人確認が行われる。

 

 祖父母が孫の名義で預金しておくという手法も最近は通用しない。マイナンバーで国民の財産状況、収入状況、資金の移動の状況を管理したいのだ。そうなるとどうにもならなくなる。

 

 レポートにある名義保険。生前贈与の非課税枠と使ったやり方だ。しかし、生命保険そのものの問題には触れていない。返戻のある生命保険ほど高くつくものはない。保障部分の払いが貯蓄部分より高いことがよくある。

 

 何年も生命保険を支払っても返ってくる額はしれている。税金に取られなくても、保険屋に持っていかれる。そんなに甘くはない。

 

ソフト「僕が死んだら」を使ってみる?

故人のスマホロック解除に50万円、遺族のために「デジタル終活」のすすめ

 

故人のスマホロック解除に50万円 遺族のために「デジタル終活」のすすめ | from AERAdot. | ダイヤモンド・オンライン

 

 最近、葬儀屋のCMがやたら気になる。気になると言うより気に障ると言った方が適切だ。「じいじい、またね」と言う言葉を聞くと動揺して、動悸がする。このCMは俺を早く殺したいのかと苛立つ。

 

 最近の老人はスマホやパソコンを持っている。それがないと生活できないかもしれない。自分は新卒でシステムエンジニアになった。新しい情報機器やパソコンのOSが新しくなることに抵抗感はない。

 

 今日の話は、故人になった時にスマホやパソコンのロック解除の話だ。コロナに感染して、3日で重篤化してそのままあの世に行くことも日常おきている。今の方がその確率はむしろ高いといえる。

 

 自分のスマホは50万円を支払ってまでロック解除する価値はないと思っている。しかし、家族はそれが分からないから面倒だ。何かお金のことを管理しているかもしれないと考えがちだろう。

 

 レポートによると、ロック解除の目的は、連絡先、写真、口座情報の3つになるらしい。顔見知りのスマホは覗いてみたいというのは人情だろう。家族だからこそ見て欲しくないのが大半の親父の気持ちではないだろうか?

 

 一つソフトウェアを紹介しよう。『僕が死んだら』というソフトがある。

人には見られたくないプライベートなメールやファイルがたくさんあるから見られたくないなあ、なんて考えたことありませんか。
このソフトを利用すると、自分の死後、見られたくないファイルを削除しつつ、遺言のようなメッセージを残すことができます。

インストールは間違って動かすとパソコンのデータが丸ごと消えるの注意が必要だ。敢えて、URLは書かないのはそのためだ。必要ならスマホのロック解除は金を捨てるに等しいから止めろ」と遺言で表示するようにしたらいい。

 

 葬儀の都合上、連絡先がいるだの言い分はあるだろうが、緊急事態で友達と会えないし会社なら電話で済む。ただ、証券会社に口座を持っているのなら、遺言で知らせた方がいい。分かっていれば、遺産分割協議があれば、資金は動かせるからだ。

 

 株式の売買で得た利益には源泉税が課税される。損失が出た年度の損は翌年で通算して申告できるのだが、申告に添付する書類が添付しなくていいことになった。証券会社は生きていようと死んでいようと連絡はしてこない。

 

 家族が知らなければ、金は国の懐に入ってしまう。これだけは避けた方がいい。